ふるさと納税を知る|特産品や家電が品切れになる前にふるさと納税を済ませる!

特産品や家電が品切れになる前にふるさと納税を済ませる!

肉

ふるさと納税を知る

風景

ふるさと納税とは、住民税の一部を自分で選んだ地方自治体に納付することができる制度です。ふるさと納税をしてくれた人に対して、寄付を受けた自治体が、その土地の名産品などをプレゼントすることから、この特典が欲しくて、今までまったく縁がなかった町や村にふるさと納税をする人もいるほどです。ふるさと納税のお返しとしてもらえる特典は、カタログとして希望者に配布されています。カタログには、寄付した金額によって、もらえる商品が記載されていて、カタログショッピング感覚で選ぶことができるようになっています。一万円以上の寄付をすると、すき焼き用の高級和牛やステーキ用の牛肉がプレゼントされる自治体もあります。また、10万円以上寄付した人にはサーロインステーキ用の肉がブロックごとプレゼントされるという太っ腹のところもあります。

ふるさと納税の歴史を紐解いてみると、現政権の官房長官が創設したという歴史があります。そもそもどのような経緯でふるさと納税が実施されるようになったかというと、地方の活性化や有名人の地方への貢献という名目でこのような精度がなされるようになった経緯があります。現在、ふるさと納税をすることによってその土地の特産品をおまけでもらうことができたり、優遇措置を受けられるなど様々な特典を受けられることが周知されるようになったことを受けて、ふるさと納税を希望する都市部在住者が増えてきています。有名人は郷土への貢献と愛着から住民票をそのままにしておいて、故郷へ納税をする人が多かったものですが、最近ではこの制度を利用できます。